ソラレン対策でシミ予防

植物には光毒性があるソラレンという物質が含まれている物が存在します。ソラレンを摂ったあとに紫外線を浴びるとシミの原因になりますので、トラブルになる前に対策をしておくとよいです。ソラレンは果物や野菜に含まれています。果物では柑橘系のものに多く含まれているため、美肌対策のために食べていたものでシミができてしまうという危険があります。

オレンジやグレープフルーツ、キウイやレモン、アセロラなどにはビタミンCもたっぷりですが、ソラレンも含まれています。野菜ではきゅうりやパセリ、セロリ、三つ葉、にんじんなどに多く含まれています。これらの野菜や果物は、太陽の光にあたる心配のない時間帯に食べるようにしましょう。ソラレンは食べてから二時間程度で体に吸収され、七時間程度で代謝されます。

そのため、朝食で摂るとシミの原因になります。ソラレンが含まれている食品は、夕食で食べるのが望ましいです。日中の紫外線から肌を守るためにビタミンCを摂りたくなるのは分かりますが、光毒性がある食品は夕食に回しましょう。肌のターンオーバーは寝ている間に活発になりますので、ビタミンCたっぷりの食品は夕食に食べても美肌に貢献してくれます。

ソラレンは蕎麦にも含まれています。そのため、蕎麦はランチで摂るよりも夕食に摂るほうが望ましいです。ソラレンが含まれている食品も夜に食べれば問題はありません。食べる時間を工夫するソラレン対策をしっかり行い、シミを予防しましょう。

Filed under: シミ, 治療, 美容Tagged with:

No comment yet, add your voice below!


Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Comment *
Name *
Email *
Website