シミ治療を自分でするならこの方法

一度できてしまうと、何らかのケアをしなければ改善することは難しいシミ。これまではレーザー治療が一般的でしたが、今は自分で自宅で行える治療も主流となりつつあります。自分でケアするのであれば、美白作用のある化粧品や薬品を利用しましょう。シミは、メラニンという肌を黒化させる色素が大量にできることで起こる肌の症状です。

メラニンはもともと肌に一定量存在しているもので、肌の細胞を外部刺激から守るといった役割をしています。長時間強い紫外線を浴びたり、外部から強い摩擦を受けたるすると肌細胞をダメージから守るためにメラニンが大量に生成され、肌を黒化させます。普通は一定期間が経つと肌のターンオーバーという働きによりメラニンは排出されていくのですが、加齢などでターンオーバーの働きが鈍るとメラニンは肌に残存しやすくなり、結果としてシミを作ってしまうことがあります。改善させるためにはメラニン色素の排出を促すことが不可欠ですので、そのためには美白作用のある化粧品成分や薬品成分でのスキンケアを行うことが有効となります。

実際に使用する成分としては、ビタミンC誘導体やハイドロキノンが代表的です。ビタミンC誘導体は美白効果の他肌荒れ改善効果などもある化粧品成分で、刺激性が少ないので肌質を問わず誰でも使いやすい成分です。毎日継続して長期間使うことで効果が徐々に現れますので、毎日のスキンケアの一環として取り入れ、気長に効果を待ちましょう。ハイドロキノンは非常に強い美白作用を持つ薬品成分で、トレチノインという薬品と一緒に使うことでさらに効果的にシミを改善させることができます。

効果の高さの反面肌への刺激性がやや強いため、使用前には必ずパッチテストを行い、肌との相性を確かめるようにしましょう。

Filed under: シミ, 皮膚科, 美容Tagged with:

No comment yet, add your voice below!


Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Comment *
Name *
Email *
Website