シミの治療と美白化粧品について

シミの治療には、様々な治療方法があり、シミの症状によって治療方法を選択します。最近では、美白化粧品の中にも優れた商品が増えているので、毎日のスキンケアを続けることで、色素沈着を改善していくことも可能です。紫外線などによって、肌がダメージを受けると、信号がメラノサイトという色素細胞に伝わります。そして、刺激から皮膚を守ろうとしてメラニンを作り出すのです。

肌が健康であれば、メラニンができたとしても、時間がたてば垢となってはがれ落ちていきます。しかし、女性の場合、ホルモンバランスが崩れると、ターンオーバーが乱れ、その結果メラニンが残ってシミになってしまうのです。女性に多いシミは、主に4つあります。紫外線によるシミは、老人性色素斑と呼ばれています。

紫外線を浴びてメラニンが過剰に生成され、様々な理由からメラニンが排出されなくなり、肌に残った状態です。老人性色素斑は、紫外線を浴びやすい部分にできます。ニキビやケガなどの傷が治った後にできる色素沈着は、炎症性色素沈着と呼ばれています。日本では、ニキビ跡の色素沈着に悩む人が多いです。

肝斑は、女性ホルモンのバランスが影響してできる色素沈着です。左右対称にでき、妊娠中に濃くなるケースもあります。目の下などに、小さな斑点ができるのが雀卵斑です。一般的にはソバカスと呼ばれています。

ソバカスは、遺伝的要素が強いと考えられていますが、美白ケアで薄くすることは可能です。色素沈着の改善には、ビタミンC誘導体やコウジ酸などの美白成分が入った化粧品が使われることが多いです。しかし、濃い色素沈着の場合は、皮膚科クリニックでハイドロキノンなどの強い美白剤を処方してもらった方が早く効果が出ます。

Filed under: シミ, 皮膚科, 美容Tagged with:

No comment yet, add your voice below!


Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Comment *
Name *
Email *
Website