シミの治療法の根本を理解

できてしまったシミでも、美容皮膚科など保険外の治療を受けられる医療機関を受診することできれいにできる時代となりました。もちろん100%成功するとは言い切れませんが、それでも多くの場合でシミをなかったことにできるのです。レーザーと塗り薬が一般的な治療法ですが、これらには共通したある効果があります。その共通点について簡単に説明します。

そもそもシミの原因は肌内部に残ったメラニン色素です。紫外線や摩擦などの刺激から肌を守るために発生するのがメラニン色素です。いわばバリア機能を果たしたメラニン色素、本来はターンオーバーで肌外部に排出されますが、それが何らかの理由で肌内部に残って色素沈着したものがシミなのです。つまり、ターンオーバーを正常化して、肌内部に残ったメラニン色素を排出することで、きれいな肌に戻れるというわけです。

レーザー治療も塗り薬もこのターンオーバーを活性化させます。活性化というよりも強制すると言ったほうが正しいでしょう。わかりやすく言うと皮を剥いて強制的に新しい肌を露出させる方法です。そのため効果が出やすいですが、傷跡が残りやすい方などは皮をむいた部分が傷跡になるリスクも伴います。

レーザーの場合該当部を焼いてしまってかさぶたにして剥がしとるという方法ですし、塗り薬の場合は焼くまでは行かずとも、日に焼けすぎて皮が剥けるような状態になると、どちらもターンオーバーを強制するのです。シミをなかったことにするのはターンオーバーが非常に重要なのです。

Filed under: シミ, 治療, 美容Tagged with:

No comment yet, add your voice below!


Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Comment *
Name *
Email *
Website