シミ治療の種類と費用について

シミは皮膚が限局的に肌の色とは異なり変色してしまうことです。一般に知られるシミとしては色素斑がありこれは皮膚内での色素沈着が原因で発生します。色素沈着の原因としては紫外線によるところが大きく、また年齢を重ねると表面化するようになります。いずれにしても若いうちはシミがなくても年齢を重ねるうちに発生する可能性があるものです。

一方でシミは美容クリニックで治療することが可能です。シミ治療の種類としては外科的な処置を行うものと内服薬や外用薬で処置するものの2種類があります。外科的な処置としては医療用レーザーを用いるもので、医療用レーザーを気になる場所に照射することで色素沈着を解消するというものです。レーザーを用いて行うためピンポイントで治療することができますが、近年は有効な内服薬や外用薬があるため、レーザーを用いるケースは少なくなっています。

外用薬としては、ハイドロキノン軟膏やトレチノイン軟膏が用いられています。ハイドロキノン軟膏の場合には漂白作用によって、トレチノイン軟膏は皮膚の新陳代謝を活発化することで色素沈着を排出する仕組みです。一方で内服薬ではトランサミンやビタミンC誘導体、ビタミンE、L-システインなどがあり、こちらは排出するというよりも色素沈着を起こりにくくするというものになります。費用としてはレーザーを用いた場合には1つの場所を行うごとに1万円前後の費用が掛かります。

一方で投薬を行う場合には4万円前後の費用がかかります。表参道のシミ皮膚科のことならこちら

Filed under: シミ, 皮膚科, 美容Tagged with:

No comment yet, add your voice below!


Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Comment *
Name *
Email *
Website