自転車の正しい選び方

近年では多くの自転車メーカーがあり、それぞれのメーカーで、様々なデザインや機能が豊富なものが販売されています。そこでここでは、何度も買い換えられるほど安い買い物ではなく、失敗したくない自転車の選び方やポイントをいくつか紹介します。まず、自分の目的や用途に合った自転車を選ぶことが大切で、せっかく買っても使いづらかったり安心して乗れないものは、怪我をする原因になります。それぞれの目的や用途に必要な、装備と機能が搭載されているかをしっかり確認しましょう。

長い距離を毎日走る通勤や通学にはカゴ・泥除け付きのものや、長距離を楽に走れる走行性能が付いたものが最適で、買い物に使う場合は、大きめのカゴや乗り降りしやすい形のものがおすすめです。坂道を走ることが多い人は、軽量で電動アシストが付いているもの、子どもを乗せる場合は子どもの年齢に合わせたチャイルドシートや、子どもを乗せやすく降ろしやすい機能が必要になります。買いたい種類を選んだら、どの種類のものにもそれぞれ適応身長があり、車種によって適応身長が異なるため、自分の身長に最適なサイズを選ぶことも忘れないようにしましょう。身長より大きなサイズを購入してしまうと、足が地面に付かず大きな怪我に繋がることもあり危険です。

もう一つ注意しなければならない点は、価格が極端に安い自転車を買わないことで、重みがあり漕いでも進みが悪くて疲れたり、すぐに壊れてしまう可能性があります。価格が安すぎるかどうかは自転車の相場を調べると判断でき、種類ごとに相場が違ってくるので、欲しい種類の相場を基準に選ぶことが大切です。シティサイクルや折りたたみ、クロスバイクやロードバイク、電動アシストや子ども乗せアシストなどの種類により、数万円から数十万円するものまで相場が変わってきます。

Filed under: サプリ, 健康, 自転車Tagged with:

No comment yet, add your voice below!


Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Comment *
Name *
Email *
Website