自転車を安全に利用するための心得

自転車を乗るうえで重要なのは、安全な状況を常に確保し続けることです。さまざまな場面に事故の可能性が潜んでいるので注意しなければなりません。特に警戒が必要なのは、自動車の左折が頻繁に行われている交差点です。並走していないからといって油断していると、後ろから急激に追い上げてきた自動車と衝突す可能性があります。

そのようなリスクも考慮したうえで、後方にも気を配りながら走ることが大事です。また、自転車は基本的に歩道を走ってはいけません。低年齢や障害などを条件として許される場合もありますが、それ以外については車道を走る必要があります。ただし、自転車の通行が可能な歩道もあり、その場合は分かりやすいところに標識などが出ています。

もちろん、そのような歩道でも歩行者が優先されることに変わりはありません。自転車を運転するときは、自分が加害者になるリスクも視野に入れましょう。道路交通法を無視した走り方をして、人をはねてしまった場合は多額の賠償金を求められかねません。障害が残るような事故が発生すると、その金額は1億円を上回る可能性も十分にあります。

そのため、安全運転を心がけるだけでなく、自転車保険に加入しておくことも重要です。乗り始めた直後より、時間が経ってからのほうが事故が起こりやすいので、目的地に到着するまで安全を強く意識しなければなりません。さまざまなリスクがあることを踏まえ、集中力をもって運転するように心がけましょう。

Filed under: サプリ, 健康, 自転車Tagged with:

No comment yet, add your voice below!


Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Comment *
Name *
Email *
Website