自転車の構造について

1800年代には自転車の大まかな形は成り立っていました。歴史と共に進化しており、年月をかけて多種多様の種類も豊富になりました。何となく目にしている自転車ですが、その構造について考えたことはありますか。自分でカスタムするのが好きな一部の方しか構造自体には興味がわかないのではないでしょうか。

聞けば納得の豆知識として知っていても損はないはずです。そもそも自転車はいくつものパーツで成り立っています。まずは、車体です。様々なパーツをつけつために必要なフレームになります。

車輪は自転車には欠かせません。車と同じくタイヤとホイールがセットになっています。次に、種類によっては様々な形がある運転方向を決めるハンドルと座るために必要なサドル、車輪を動かすためのペダルがあります。自分のペダルで車輪を動かすためのドライブ・トレインはチェーンタイプやゴムタイプなどがあります。

日本国内では、公道を走行する自転車には、ブレーキ装置を前後両輪に備えることが義務づけられています。道路交通法第52条により夜間の点灯義務もあるためブレーキやライトの点検は欠かさないようにしましょう。夕方から夜間には反射材や尾灯が運転手の安全を守ります。車両自体が光るような塗装もできます。

頻繁に警音器で人を避けようとする人もいますが、車と同じで違反行為です。人を驚かせる道具ではないので過度な音が出るような警音器は避けましょう。点検整備などが自分では難しいかたは買ったお店に相談してみてはいかがでしょうか。

Filed under: サプリ, 健康, 自転車Tagged with:

No comment yet, add your voice below!


Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Comment *
Name *
Email *
Website