自転車を販売店で購入する場合の流れは簡単

自転車を購入する人の多くは、サイクルショップなどと呼ばれる専門店を利用するでしょう。店内には数十台から数百台の自転車が展示されており、店舗によっては実際に乗って確かめることもできます。店員と話し合いながら、自分自身に合いそうなものを選び、購入手続きに入りましょう。自転車自体は、商品をきめたあと代金を支払えば本人のものになります。

店舗によっては現金払いのほか、クレジットカードや電子マネーでの決済にも対応していることがあるので、そのときに合った支払い方法を選びましょう。購入手続き中には、法律の規定にしたがって防犯登録の手続きを行う必要があります。通常、これは自転車の所有者本人が行うものですが、販売店で買えば店員が手続きの大半を代行してくれます。特段の事情がなければ、すべて店員に頼むと良いでしょう。

なお、防犯登録の手続きでは本人確認書類が必要です。これは、公的機関が身分証明書として発行しているものであれば、どれを使っても問題はありません。店舗ごとに指定されるものは異なりますが、自動車の運転免許証を持っている人はそれを、免許がない場合はパスポートや健康保険証、学生証のうちのどれかを持っていれば大抵の店舗で通用します。購入者が外国人であれば、在留カードも有効です。

手続きがすべて済んだら、あとは自転車を持ち帰るだけです。どのような方法で持ち帰っても良いですが、道中で傷をつけたりしないように、また自宅到着後は盗難にあわないように注意しましょう。自転車のことならこちら

Filed under: サプリ, 健康, 自転車Tagged with:

No comment yet, add your voice below!


Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Comment *
Name *
Email *
Website