栄養補助食品の活用方法

栄養補助食品とは、日々の食事だけでは十分な量が摂取出来ない栄養素を補助する食品のことです。補助できる栄養素として、エネルギーやタンパク質、ビタミンやミネラルなどがあります。近所のスーパーやコンビニ、ドラッグストアなどの身近な場所で手に入り、コンパクトで持ち運びも簡単、と非常に便利な食品で忙しい時でも空いた時間にさっと食べることが出来ます。栄養補助食品にはゼリー飲料やバー、サプリメントや粉末などさまざまな種類があり、用途や好みに応じて使い分けることが可能となっています。

普段の食事内容や活動量を把握し、不足している分の栄養素を補えるものを選んで食べる量も調整していきます。栄養補助食品を上手く活用することで、エネルギー不足を補うことが出来ます。食欲がわかず朝食が食べられない人や食事の時間がない人、活動量が多く3食では足りない人などに適しています。また、栄養補助食品は部活動などの激しい運動の後の栄養補給にも役立ちます。

運動の後は筋肉に蓄えられているグリコーゲンが消費されている状態ですが、タンパク質と炭水化物を一緒に摂取することによって、筋グリコーゲンの回復が早められます。タンパク質と炭水化物を両方含む食品には、おにぎりやサンドイッチ、牛乳などがありますが、食欲がわかない時や食べる時間がない時にはタンパク質や炭水化物を含むゼリー飲料の栄養補助食品を摂取することで、手軽に補給することが可能です。

Filed under: サプリ, 健康, 栄養補助食品Tagged with:

No comment yet, add your voice below!


Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Comment *
Name *
Email *
Website