栄養補助食品を活用して食生活を改善

栄養補助食品とは普段の食生活では摂取するのが難しい栄養素を、簡単に体内に取り入れることが出来る食品類のことです。効能効果などが法律で厳密に規定されているわけではありません。いわゆるサプリメントと同様に「健康食品」のカテゴリーに分類されるものです。食生活の中で各種の栄養素を摂取するのに支障を感じない方にとって、健康補助食品の意義はあまり意識されることはありません。

ところが日ごろの食生活で栄養不足が心配な方には、栄養補助食品を大きな助けになってくれるはずです。特に高齢で租借能力が落ちるなどの影響で、食が細くなっているなどの悩みを抱えている方には気軽に必要な栄養素を摂取できる点で、健康補助食品は積極的に食生活に取り入れたいアイテムの一つです。栄養補助食品は粉末状で水などの液体にとかすタイプから、カプセルやゼリー・飲料・お菓子など様々なバリエーションが販売されているので、摂取しやすいタイプを選択すればいいでしょう。特にやわらかいものばかりを嗜好する高齢者では肉類などに含まれるたんぱく質や、野菜に含まれるビタミン類やミネラル類が不足しがちです。

またか見ごたえのある食品に含まれる食物繊維も同様といえます。このような方には三食以外の間食や補食に、上手に活用してください。飲み込みづらいときや食欲が低下しているときは、液体タイプやゼリー状などがあります。最近では成人の栄養バランスを想定した粉ミルクなども販売されています。

Filed under: サプリ, 健康, 栄養補助食品Tagged with:

No comment yet, add your voice below!


Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Comment *
Name *
Email *
Website