栄養補助食品を活用して健康維持に役立てよう

栄養補助食品は不足している栄養を補うための食品です。例えば、便秘がちな人は食物繊維の栄養補助食品を利用することで、便通の改善が期待できます。栄養補助食品というと固形のサプリメントをイメージしがちですが、実は目的によってさまざまな種類があり、ゼリータイプのものもあります。味も数種類あり、飽きることなく利用できるように工夫されているのです。

では、どのような補助食品の種類があるのでしょうか。例えば、自力で食事ができず、体力が衰えている人には流動食の補助食品が向いています。これは少量であってもしっかり栄養が取れるように高カロリーに計算されて作られています。水分やビタミン類を補給できるゼリータイプの他に、食事に混ぜて使える粉末タイプもあるようです。

栄養補助食品の多くは薬局やドラッグストアなどで手軽に購入できます。ただし、購入する際には医師や薬剤師などの専門家などから、アドバイスをもらってから選ぶほうが無難です。何が不足しており、どのような栄養を補給すればよいのか一般人では分からない場合もあるためです。そのため、自己判断せず、栄養補助食品を使用する人の現在の状況を店舗にいる薬剤師に伝えるなど相談してみましょう。

体力がない、栄養が不足していると感じる人は毎日の食生活にも配慮することも大切です。適切な量の動物性たんぱく質を取る、さまざまな種類の野菜を取るなど工夫しましょう。補助食品を上手に利用して健康維持に努めるようにしたいものです。

Filed under: サプリ, 健康, 栄養補助食品Tagged with:

No comment yet, add your voice below!


Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Comment *
Name *
Email *
Website