Science in Sportによる栄養補給について

日本ではマラソンやロードレース、トライアスロンなど持久力が必要とされる競技の人口が増加しつつあります。体力作りを目的とする場合や大会などに出場することを目的とする場合など。トレーニングの成果を発揮するには計画的な栄養補給が重要です。大会などに出場する前には必ず栄養補給に関する計画を立て、毎日のトレーニングにおいて試してみる必要があります。

食事の中でも特に朝食は重要とされており、トレーニングを行う前に体を目覚めさせてくれます。持久力が求められる運動をする場合にはトーストやシリアル、オートミールのように炭水化物を主成分とするものをメニューに加えるとよいでしょう。毎日適切なエネルギーを補給すれば動きやすい体を作ることができますが、本番前に急に変更すると体調を崩すことがあるので注意が必要です。運動の最中にエネルギーを補給する必要がある場合には、ScienceinSportのアイソトニックジェルやパウダー、エナジーバーなどを使うとよいでしょう。

ScienceinSportのアイソトニックジェルは携帯しやすいパッケージになっており、水なしでも摂取可能です。ヒトの安静時における体液と同じ濃度と浸透圧に調整されていて、素早く効率的にエネルギーを補給できます。ScienceinSportのアイソトニックジェルは内容量が60mlなので、水分を摂り過ぎてむくむことはありません。品質や安全性も優れているため、トレーニング時の栄養補給に安心して使うことができます。

Filed under: Science in Sport, サプリ, 健康Tagged with:

No comment yet, add your voice below!


Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Comment *
Name *
Email *
Website