サポーターは健康維持に効果的

仕事の内容によっては、体のどこか特定の部分にだけ過度の負担をかけるということが少なくありません。現代人の仕事はパソコンとにらめっこというデスクワークが多くなっていますが、そのために首や肩、腰の痛みを訴える人が多くなっているのが特徴です。サポーターは健康を害してしまう前に用いるのが効果的で、パソコンに向かってひたすら入力作業を繰り返すのが仕事という人であれば、頭を肩にまっすぐに乗せて姿勢よく座ることが大事なのですが、長時間となるとそうもいきません。疲れてくるとだんだんと猫背になり、さらには座っている姿勢のつらさを変えようと足を組んだりしがちで、これが姿勢の悪さを生んで首と頭のバランスが悪くなります。

結果的に首から肩、そして腰にまで痛みをもたらすことになるのが、現代人の首の痛みと肩こり、そして腰痛がセットになりがちな理由です。健康を目的につくられたサポーターは、重い頭を細い首で支えるという負担を軽減するために、筋肉をサポートする役割を果たしますので、首への負担が軽減されることで肩こりがひどくなるのを阻止できます。座る姿勢には気を付ける必要があるものの、腰にもあらかじめサポーターをしておくことで腰痛を抱え込まずに済むでしょう。今や健康を維持するためにはサポーターをいかに上手に使うかが決め手といえるかもしれないとあって、悩み別に適したサポーターを用いることが健康状態を悪化させないポイントです。

Filed under: Science in Sport, サプリ, 健康Tagged with:

No comment yet, add your voice below!


Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Comment *
Name *
Email *
Website