サポーターにはどんな種類があるの

スポーツをしている人ならば、サポーターを一度は使用したことがある人が多いでしょう。サポーターとひとくちにいっても、使用用途によっては種類が異なります。まず、一般的なタイプとしては巻いたり、履いたりして使用するものが多いです。ゴムのような素材で作られているため、伸縮性があるのが特徴的です。

使用したい部位に着用するだけでいいので、使いやすいタイプであると言えます。軽く圧迫されるような感じはありますが、強く締め付けられることはありません。このタイプは締め付けが少ないため、着用したままでも関節の曲げ伸ばしは可能ですが、固定性は低いと考えられています。マジックテープやベルトでしっかりと締めて使用するタイプのサポーターもあります。

こちらも履くだけのタイプと同様に、動きやすさは残りますが、使用する人のサイズに合わせてテープやベルトを締めることができるため、ある程度の固定性は保証されています。巻いたり履いたりするだけのタイプと比較すると、着用しづらくはなりますが固定性が高まる分安心であると言えます。どこが痛む箇所があるという人にはおすすめですが、予防のためにサポーターを使用して言うという人にはあまり向いていないかもしれません。さらに本格的なタイプのものとなると、支柱が付いたものが挙げられます。

このタイプはかなり固定性が高いものとなるため、大きな怪我からの復帰を目指している人などに多く使用されています。サイエンスインスポーツのことならこちら

Filed under: サイエンスインスポーツ, サプリ, 健康Tagged with:

No comment yet, add your voice below!


Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Comment *
Name *
Email *
Website