膝の痛み対策と正しいサポーターの使い方

膝の関節に痛みがあると、外出することにさえも不安を感じてしまいます。特に中高年の方は、変形性膝関節症や関節リウマチ、偽痛風、大腿骨骨壊死などの疾病などにかかりやすく膝の痛みを感じることがあります。中でも多くの方が変形膝関節症では、軟骨の摩耗を防ぎ炎症が続かないようにすることが効果的です。軟骨の摩耗を防ぐために筋力を鍛えることが治療・ケア方法に有効なので、サポーターを装着して運動をすることがおすすめです。

正しく使うことで関節部分にかかる負担を軽減してくれます。サポーターを使用して膝を固定すると、関節の動きを助けたり無理な動きを防ぐことができます。不安定な関節をある程度圧迫して安定させることができるので、関節にかかる負担を軽減することが可能です。また、ステーと呼ばれる支柱によって関節のぐらつきを抑えて膝のスムーズな動きを助ける働きもしています。

保温効果もあるので、血行が良くなり新陳代謝が活発になるため筋肉の緊張をほぐして痛みを和らげる効果も期待できます。膝にサポーターを着用する時には、膝周りの汗を拭きます。汗を拭かないとかぶれの原因となったり、サポーターがずれる原因となるので必ず拭くようにしましょう。次にサポーターの上下を確認して膝に装着しますが、このとき膝の皿を下から支えるようなイメージで付けていきます。

着用時には、立っている時や座っている時に圧迫感に違いがあるので、状況に合わせて調節することが重要です。

Filed under: サプリ, スポーツ栄養学, 健康Tagged with:

No comment yet, add your voice below!


Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Comment *
Name *
Email *
Website